トップページ > 薬害エイズ > 薬害エイズTOPICS
【薬害/副作用被害】安全情報第251号 副作用被害救済制度をあらためて周知(平成20年10月31日付「日刊薬業」より

厚生労働省は10月30日に発表した「医薬品・医療機器等安全性情報・第251号」で、医薬品副作用被害救済制度や、生物由来製品感染等被害救済制度を取り上げた。

制度の周知が必ずしも十分ではないとの指摘があることや、今年4月から、インターフェロン製剤による副作用被害が同制度の対象になったことなどから、あらためて周知する。

救済給付の請求方法、給付の種類・請求期限、問い合わせ先などを紹介するとともに、救済給付が認められた具体的な事例(皮膚粘膜眼症候群、薬剤性腎機能障害、アナフィラキシーショック)や、救済給付の対象にならなかったケースや理由などを示した。

平成20年10月31日付「日刊薬業」より

▲このページ [ 【薬害/副作用被害】安全情報第251号 副作用被害救済制度をあらためて周知(平成20年10月31日付「日刊薬業」より ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る