トップページ > 薬害エイズ > 薬害エイズTOPICS
2006年薬害根絶デーin札幌



1999年8月24日、厚生労働省の一隅に薬害根絶「誓いの碑」が建立されました。
この8月24日を「薬害根絶の日」として、毎年厚生労働省前をはじめ全国各地で、薬害根絶のための集会が行われています。
札幌では、今年も4団体が共催して集会を開催します。

6月16日最高裁にてB型肝炎訴訟で国の責任が明確になったのに続き、6月21日には大阪地裁にて、薬害肝炎訴訟で国と製薬会社の責任を認める判決が出されました。
「薬害肝炎訴訟」は、現在大阪地裁の他、東京・福岡・仙台・名古屋の各地裁で争われており、計96人の原告が提訴しています。今後は他の地裁でも、同様の判決を勝ち取るとともに、すべての薬害肝炎被害者の完全救済をめざした運動が求められています。

「薬害肝炎訴訟 ~早期前面救済をもとめて~」
講師:松井菜採(東京薬害肝炎提訴弁護団)

日時:8月24日(木)18:30~
場所:北海道高等学校教職員センター 4階大会議室
札幌市中央区大通西12丁目
参加費:500円

主催:2006年薬害根絶デーin札幌実行委員会
実行委員会構成団体
   薬害オンブズパースン・タイアップ札幌
   はばたき福祉事業団北海道支部
   薬害エイズを考える会
   北海道薬害ヤコブ原告を支える会
お問い合わせ先
   渡辺達生(北海道合同法律事務所)
   TEL:011-231-1888

▲このページ [ 2006年薬害根絶デーin札幌 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る