トップページ > 薬害エイズ > 和解記念集会
「薬害エイズ裁判 和解11周年記念集会」開催のお知らせ(



日時:平成19年3月24日(土)14:00-16:00
会場:ベルサール九段 4階Room(4)



米国由来の血液凝固因子製剤から日本の血友病患者約1,500人にHIV感染被害が生じた責任を問う薬害エイズ裁判は、1996年3月に被告国、製薬会社が全面的な責任を認め、救済対策をも含めた画期的な和解によって解決をしました。
本年は、和解11周年を迎えます。

しかし、和解による訴訟上の救済は現在も続いており、HIV/HCV重複感染による犠牲者が増加している中で、私たちは、命を守るため、遺族の支えとなるため、救済への更なる充実を求め、薬害再発防止への一層の取り組に力を注いでまいります。

今般、薬害エイズという、余りにも大きな犠牲を生み出した事件を決して忘れないようにと、和解11周年記念集会を行います。 ぜひ、皆様ご参加ください。

プログラム
 ・黙祷
 ・献花
 ・主催者挨拶
 ・来賓挨拶
 ・メッセージ
 ・講演「HIV感染被害遺族のメンタルケアについて」
  村上典子 氏(神戸赤十字病院心療内科 部長)
 ・被害者から現状を語る
 ・弁護団挨拶
 ・閉会の挨拶

▲このページ [ 「薬害エイズ裁判 和解11周年記念集会」開催のお知らせ( ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る