トップページ > 就労 > HIV感染者のための協働シンポジウム > 平成19年度協働シンポジウム
協働シンポジウムのプログラムが確定しました

シンポジウムのプログラムが確定いたしました。すでにホームページやチラシなどで、大まかな内容についてはお知らせいたしましたが、内容に変更点がありますので、お知らせいたします。

 セッション1,2では、当事者の就労に対するビデオメッセージを紹介した後、当事者の方から自らの体験を交えた語りをしていただきます。その後、パネルディスカッション形式で、様々な分野からのパネリストとの質疑を行いながら、実際に企業の現場では、障害者雇用やプライバシー保護はどうなのか等についてディスカッションを行う予定です。

13:30 開会
13:35 挨拶
  黒岩 嘉弘(厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課 課長補佐)
  大平 勝美(社会福祉法人はばたき福祉事業団 理事長)
13:45 基調講演
 ●HIV医療の現状
  岡 慎一(エイズ治療・研究開発センター センター長)
 ●健康保険におけるプライバシー保護
  柴田 拓己(厚生労働省保険局保険課 課長補佐)
 ●HIV感染者の障害者雇用の制度とその活用について
  長谷川 敦子(ハローワーク飯田橋 専門援助第二部門 統括)
14:50 休憩
15:00 アンケート結果報告
15:05  セッション1就労機会 ? 働きたいが、働けていない人のために ?
        2就労支援 ? すでに働いている人のために ?
 ●当事者のビデオ・ボイス・レターメッセージの紹介
 ●当事者からのお話
 ●パネルディスカッション
  パネリスト
    箕輪 優子(横河電機株式会社 人財部)
大金 美和(エイズ治療・研究開発センター コーディネーターナース)
当事者
岡 慎一
柴田 拓己
長谷川 敦子
  ファシリテーター
   

関 由起子(HIV感染者就労のための協働シンポジウム専門家委員会 委員長)
迫田 朋子(NHK制作局 チーフディレクター)

16:25 総括・委員長挨拶
16:30 閉会

▲このページ [ 協働シンポジウムのプログラムが確定しました ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る