トップページ > 就労 > HIV感染者のための協働シンポジウム > 平成19年度協働シンポジウム
≪9月は「障害者雇用支援月間」≫
HIV感染者(障害者)の就労偏見を変えよう!!


(社福)はばたき福祉事業団は、HIV感染者(内部疾患身体障害者)の就労差別・偏見を是正し、HIV感染障害者(98年、薬害HIV裁判の和解要求を踏まえて、内部疾患障害者として障害者手帳の取得ができるようになる)が、安心して就労する場の拡大を目指します。
そのために、HIV感染当事者や雇用者側の理解がさらに近くなるよう、恊働シンポジウムを10月14日(日)午後1時30分から、新霞ヶ関ビル:灘尾ホールで開催します。
当事者、企業の方たち、社会福祉や雇用安定に関わる方たち、医療関係者、一般の方たち、一歩進んでHIV感染者の就労に理解を深めてみませんか?

▲このページ [ ≪9月は「障害者雇用支援月間」≫
HIV感染者(障害者)の就労偏見を変えよう!! ] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る