トップページ > お知らせ
第24回日本エイズ学会学術集会「HIV陽性者参加支援スカラシップ」スカラシップ委員会のシンポジウム、たくさんの方が来場、これからのエイズ対策へ貴重な足がかりに!



第24回日本エイズ学会学術集会「HIV陽性者参加支援スカラシップ」

HIV陽性者参加支援スカラシップ委員会は、2010年11月に東京にて開催される第24回日本エイズ学会学術集会に、より多くのHIV陽性当事者に参加してもらえるよう、スカラシップ(学会参加費等補助)を提供いたしました。11月25日のスカラシップ委員会のシンポジウム「日本の医療体制のこれまでとこれから」、100人を超える多くの方たちが来場されました。ありがとうございました。
今回は、日本のエイズ対策を厚生省(当事)にいて基盤をつくった伊藤雅治氏にもシンポジストとしてお話いただき、HIV感染被害者の対応、エイズ予防法の立法化など、日本のエイズ対策に力を注いだ多岐にわたる話と、今後の課題が提示されました。これからのエイズ対策への貴重な進言でもありました。

▲このページ [ 第24回日本エイズ学会学術集会「HIV陽性者参加支援スカラシップ」スカラシップ委員会のシンポジウム、たくさんの方が来場、これからのエイズ対策へ貴重な足がかりに!
] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る