トップページ > セルフマネジメント
セルフマネジメントプログラムのワークショップが始まりました!
去る10月1日、日本慢性疾患セルフマネジメント協会が発足しました。
セルフマネジメント協会では、慢性疾患とともに生きる人の自立や症状の改善、日常生活の向上などを目指し、セルフマネジメントプログラムのワークショップを展開していきます。

セルフマネジメントプログラムはアメリカのスタンフォード大学医学部、患者教育研究センターが開発したもので、現在カナダ、イギリス、中国、南アフリカなど13カ国以上で導入されています。
 

ワークショップは、2人のリーダーが進行役となり、進めていきます
このプログラムでは毎週1回2時間半のワークショップを6週間にわたって受けていただきます。
10月13日からは、日本で初となるワークショップがはばたきの事務所内でも行われています。
参加者のみなさんからは「様々な疾患を持っている人同士で集まり、普段はなかなか人に言えなかったような悩みを話すことができました。
自分の話をみなさんが受け入れてくれて、建設的なアドバイスをもらえたのがとても嬉しかった」、「何かを教えてもらったり誰かに助けてもらったりというだけでなく、自分から積極的に参加することで人の役にたつことができるというのが新鮮だった」など、たくさんの喜びの声が上がっています。

なおセルフマネジメント協会の事務局は、はばたきの事務所内の一画を借りて運営されています。
現在、様々な疾患の患者会や患者さんご本人、医療関係者、さらには行政の福祉関係のお仕事をされている方などから幅広くお問い合わせを頂いております。

次回のワークショップは、来年1月上旬の開始を予定しています。ワークショップに興味のある方や、どんな内容なのかを知りたいという方は、ぜひセルフマネジメント協会にご連絡ください。よろしくお願いいたします。

日本慢性疾患セルフマネジメント協会 
東京都新宿区新小川町9-20
   新小川町ビル5F
  Tel/FAX 03-5228-3134
  URL:http://www.j-cdsm.org
  E-mail:info@j-cdsm.org

▲このページ [ セルフマネジメントプログラムのワークショップが始まりました! ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る