トップページ > セルフマネジメント
「患者中心の医療を考える国際シンポジウム2005」開催のお知らせ



日本製薬工業協会(製薬協)広報委員会が、10月1日(土)13:00から、経団連会館11階国際会議場「ゴールデンルーム」にて、「患者中心の医療を考える国際シンポジウム2005」を開催することになりました。

テーマは、「『慢性疾患セルフマネジメントプログラム』の日本導入に向けて」です。

このプログラムは、米国・スタンフォード大学医学部患者教育センターで開発された、慢性疾患の患者の自立を支援するための教育プログラムで、同センターはこのプログラムの効果について、プログラムを受けた患者の生活や行動の改善、症状の緩和、医療費の抑制のそれぞれに貢献したと発表しています。

プログラムは現在、英国をはじめ、世界10カ国以上で導入されています。

日本においては、2004年2月、スタンフォード大学医学部患者教育センターに赴いた患者会リーダー有志と製薬協により、プログラムの日本導入に向けた検討を開始。
その後、本年3月にはプロジェクトを発足し、教材となるマニュアルの日本語化などの準備作業を進めてきました。
そしてこのほど、プログラムの趣旨に賛同する患者会、医療関係団体、個人等からなる慢性疾患セルフマネジメント推進のための受け皿組織を設立する運びとなりました。


「患者が変われば、医療は変わる」という理念を掲げ、患者参加型医療の実現を目指しているはばたき福祉事業団も、このプログラムの導入プロジェクトメンバーの一員として、準備段階

から導入・普及に努めてきました。

これまでに、プログラムを教えることのできるライセンスを取得したリーダーを3名、そのリーダーを養成するマスタートレーナーを2名養成し、10月からは東京本部内で試験的にワークショップを実施する予定です。


シンポジウムでは、このプログラムの開発を担当されたスタンフォード大学のホルステッド・ホールマン名誉教授と、日本への導入にご尽力されているサミュエル・メリット大学の近藤房恵助教授による講演、ならびに、有識者によるパネルディスカッションを予定しています。

また当日は、慢性疾患セルフマネジメント推進のための受け皿組織の概要発表・参加団体募集告知等も予定しております。

日 時
2005年10月1日(土)13:00~16:00(受付:12:30~)
会 場
経団連会館11階国際会議場「ゴールデンルーム」
〒100-8188 東京都千代田区大手町1-9-4
Tel:03-5204-1500
主 催
日本製薬工業協会
プログラム
【第一部】
●特別講演
『慢性疾患の効果的・効率的なケア「セルフマネジメント」』
ホルステッド・R・ホールマン(スタンフォード大学 医学部 名誉教授)
●講演
『セルフマネジメントプログラム日本導入に向けての経過と今後の計画』
近藤房恵(サミュエル・メリット大学 看護学部 助教授)
休憩(15分)
【第二部】
●パネルディスカッション
<コーディネーター>
大熊由紀子(国際医療福祉大学大学院 医療福祉/ジャーナリズム分野 教授)
<パネリスト>
近藤房恵(サミュエル・メリット大学 看護学部 助教授)
伊藤雅治(全国社会保険協会連合会 理事長)
田中滋(慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 教授)
三村俊英(埼玉医科大学 リウマチ膠原病科 教授)
京野文代(日本IDDMネットワーク)
厚生労働省(予定)
高山暢二 (日本製薬工業協会 広報委員会 委員長)
参加費
無料
お問い合わせ
日本製薬工業協会広報部
Tel:03-3241-0326
ホームページ:http://www.jpma.or.jp/sympo/index.html
※参加のお申し込みは、ホームページからオンライン参加申し込みが可能です。
また、患者会、メディア関係、会員会社、医療関係者に限らせていただきます。

▲このページ [ 「患者中心の医療を考える国際シンポジウム2005」開催のお知らせ ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る