トップページ > 医療情報 > 学会・シンポジウム
【患者参加型医療】シンポジウム・勉強会等開催の案内

日時:2008年9月13日(土曜日)時間10:00~12:00(受付9:30から)
場所:日本製薬工業協会 第3AB会議室    
       中央区日本橋本町3-4-1 トリイ日本橋ビル5階

医療の主人公である「患者」の意見は、蚊帳の外におかれている中で、いわゆる有識者・専門家が医療政策を決めている。
もっと患者・市民の意見が同等に尊重されていれば、医療がある特定の専門家集団の手中に握られることなく、医療費、後期高齢者医療や健康保険等々が日替わりに変わって行くことに歯止めをかけられ、医療費負担についても患者の意見からどう維持していくかも責任ある意見を持って日本の誇る国民階保険制度等をより充実させていくと考える。

当時者が医療政策を議論し決定に加わることも踏まえた、患者参加の医療基本法を勉強しよう。

日時 2008年9月13日(土曜日)時間10:00-12:00(受付9:30から)
場所 日本製薬工業協会 第3AB会議室
中央区日本橋本町3-4-1 トリイ日本橋ビル5階
参加費 資料代として:正会員・賛助会員 500円/非会員 1,000円
式次第
◆主催者挨拶
 長谷川三枝子代表世話人(日本リウマチ友の会会長)
◆勉強会趣旨説明
◆講演「医療基本法を考える」10:10-11:10
 東京大学医療政策人材養成講座 第4期生「医療基本法プロジェクト」チーム(HSPチーム)
▽休憩(10分)
◆参加者と意見交換11:20-11:55
HSPチーム
伊藤雅治氏(副代表世話人・日本慢性疾患セルフマネジメント協会理事長)
埴岡健一氏(世話人/事務局長・日本医療政策機構理事)

●賛助会員・正会員募集も当日行っています

▲このページ [ 【患者参加型医療】シンポジウム・勉強会等開催の案内 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る