トップページ > 医療情報 > 学会・シンポジウム
平成21年度厚生労働科学研究費(エイズ対策研究推進事業)研究成果等普及啓発事業
第13回HIV/AIDS患者における在宅療養支援研修会
「自立に向けた医療・保険・福祉との連携」

日時:平成21年10月30日(金) 18:00-20:00(会場・受付17:30)
場所:国立国際医療センター研究所 地下1階会議室
・都営大江戸線若松河田駅 徒歩5分
・東京メトロ東西線早稲田駅 徒歩15分

対象者:保健師・看護師・助産師・福祉職など
参加費:無料
主催:財団法人エイズ予防財団
共催:首都大学東京

◆プログラム
●調査報告 HIV抗体陽性患者の在宅療養支援導入に関する全国調査
 加瀬田 暢子(山口大学医学部 保健学科 講師)
●Case Study 自立支援の実際と各職種の役割
 保健師 沼尾 恵美(新宿区落合保健センター)
 看護師 山田 勝子(更生施設淀橋荘)
 指導員 片山 貴裕(更生施設淀橋荘)
 コーディネーターナース 山田 由紀(国立国際医療センター戸山病院 ACC)
●ディスカッション
 進行 松下 祥子(首都大学東京 健康福祉学部 看護学科 准教授)
    池田 和子(国立国際医療センター戸山病院 ACC 患者支援調整官)


◆お問い合わせ・・・
国立国際医療センター戸山病院 ACC ケア支援室
TEL:03-5273-5430

▲このページ [ 平成21年度厚生労働科学研究費(エイズ対策研究推進事業)研究成果等普及啓発事業
第13回HIV/AIDS患者における在宅療養支援研修会
「自立に向けた医療・保険・福祉との連携」 ] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る