トップページ > 医療情報 > 学会・シンポジウム
シンポジウム「安全教育は実っているか」
日時:平成18年11月22日(水)13:00-15:30 会場:ヤクルトホール
●日時 平成18年11月22日(水) 13:00~15:30
●会場
ヤクルトホール
東京都港区東新橋1-1-19 ヤクルト本社ビル
JR新橋駅 徒歩5分、銀座線新橋駅2番出口 徒歩3分
●対象 500名(一般市民及び医療関係者)
●参加費 無料
●プログラム
13:00

開会の挨拶
 久常節子(日本看護協会 会長)

13:05 報告
 楠本万里子(日本看護協会 常任理事)
13:20 シンポジウム
 テーマ:「安全教育は実っているか」
 
   安全文化醸成の基礎は教育である。このシンポジウムでは、医療安全に関する医療従事者の教育の現状や問題を整理し、今後の教育のあり方について皆さんと考えて生きたい。
 ○コーディネーター
 村田幸子(福祉ジャーナリスト)
 ○シンポジスト
 「医師への安全教育の推進者として」
  安藤恒三郎(名古屋第二赤十字病院 副院長)
 「新卒看護師の臨床研修制度を創設して」
  伊藤常子(市立砺波総合病院 参与、前副院長)
 「病院職員への安全教育を担当する立場から」
  壁寸とみ子(寿泉堂綜合病院安全統括リスクマネージャー)
 「患者家族、事故当事者への支援を通して」
  山内桂子(医療心理学研究者)
 「看護基礎教育の立場から」
  山内豊明(名古屋大学医学部保健学科 教授)
14:35 意見交換・質疑応答
15:25 閉会の挨拶
●主催 日本看護協会
●後援 厚生労働省、日本医師会、日本歯科医師会、日本薬剤師会、日本病院会、日本医療法人協会、日本精神科病院協会、全日本病院協会、全国自治体病院協議会
●申込方法 シンポジウムに参加ご希望の方は、①郵便番号、②住所、③氏名、④職病、⑤電話番号、およびタイトルに「医療安全推進週間シンポジウム参加希望」と明記の上、FAX、E-mailにて、11月8日までにお申し込みください。なお、定員は500名とさせていただきます(先着順)。定員を超過した場合のみ、こちらからご連絡いたします。

※個人情報の取り扱いについて
申し込みに際して入手した個人情報は、日本看護協会が管理し、本シンポジウムの実施運営に関わる作業のみを目的として使用いたします。個人情報は契約に基づく委託先を除いて、第三者には提供いたしません。

●問い合わせ 社団法人 日本看護協会 事業開発部
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-8-2
TEL:03-5778-8548 FAX:03-5778-5602
E-mail:anzen@nurse.or.jp
 
●チラシ >>>PDF版はこちら
>>>Flash版はこちら
●同時開催 特別企画展
テーマ 患者さんと一緒に築く医療安全文化
日 時 平成18年11月6日~30日 10:00~17:00(土日・祝日は閉館)
場 所 日本看護協会3階 JNAプラザ
内 容 展示・図書の紹介・DVDの放映
入 場 無料。どなたでもご覧いただけます。
医療安全週間とは

厚生労働大臣により、医療関係者の意識向上、医療機関等における組織的取組の促進、医療関係団体における取組の促進等を図るとともに、国民の理解と認識を深めることを目的として、2001年度から患者の安全を守るための医療関係者の共同行動(Patient Safety Action:PSA)が提唱されるとともに、「医療安全推進週間」(毎年11月25日を含む1週間)が設けられました。

▲このページ [ シンポジウム「安全教育は実っているか」
日時:平成18年11月22日(水)13:00-15:30 会場:ヤクルトホール ] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る