トップページ > 医療情報 > 学会・シンポジウム
平成17年度 厚生労働科学研究成果発表会
HIV/AIDS専門医療機関と地域とのより良い連携に向けて
(第7回在宅療養支援研修会)
●日時 平成17年12月9日(金) 18:30?20:30
●会場 都民ホール 議会棟1階
●入場料 無料
●申し込み/問い合わせ

住所、氏名、連絡先(電話、E-mailなど)、所属、職種、ACC主催の研修・講演会等への参加歴、懇親会参加の可否、質問や意見等を別紙の申し込みFAX用紙にご記入の上、ACCケア支援室水町まで
申込締切:平成17年12月2日(金)17:00
FAX:03-3208-4244

>>>申し込みFAX用紙のダウンロードはこちら

●主催
財団法人エイズ予防財団
●共催 東京都

●進行 望月あずさ(訪問看護ステーションしらひげ 所長)
池田和子(国立国際医療センター エイズ治療・研究開発センター 患者支援調整官)
●プログラム
1.今後の在宅医療の方向性について
   山田雅子(厚生労働省医政局看護課 在宅看護専門官)
2.HIV/AIDS患者における 病院-地域連携事例集
    島田恵(エイズ治療・研究開発センター 看護支援調整官)
3.病院-地域連携事例の検討
    1)久保悦子(千葉大学医学部付属病院 感染症管理治療部 看護師長)
    2)白倉すみ江(相模原市医師会訪問看護ステーション 管理者)
※閉会後に懇親会(3,000円程度)を予定

▲このページ [ 平成17年度 厚生労働科学研究成果発表会
HIV/AIDS専門医療機関と地域とのより良い連携に向けて
(第7回在宅療養支援研修会) ] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る