トップページ > 医療情報 > 学会・シンポジウム
第14回 赤十字血液シンポジウム 安全な輸血医療を目指して
-輸血による感染リスクと院内の管理体制-
●福島会場 日時:平成18年1月28日(土)
会場:コラッセふくしま
▼申し込み
福島県赤十字血液センター 供給課 医薬情報係
Tel:024-544-2556/Fax:024-544-2557
●東京会場 日時:平成18年2月18日(土)
会場:よみうりホール
▼申し込み
東京都赤十字血液センター 医薬情報課
Tel:03-5485-6017/Fax:03-5485-7523
●岡山会場 日時:平成18年2月25日(土)
会場:岡山コンベンションセンター
▼申し込み
岡山県赤十字血液センター 医薬情報課
Tel:086-256-6566/Fax:086-251-9043
●愛知会場 日時:平成18年3月4日(土)
会場:中電ホール
▼申し込み
愛知県赤十字血液センター 医薬情報課
Tel:0561-85-4297/Fax:0561-86-0176
●参加費 無料
●主催 日本赤十字社
●後援 厚生労働省/日本医師会/日本内科学会/日本外科学会/日本救急医学会/日本輸血学会/日本血栓止血学会/日本病院薬剤師会/日本臨床衛生検査技師会

>>>PDFはこちら
>>>Flaxhはこちら
●プログラム【福島】 【第1部】「輸血による感染リスクと院内の管理体制」
1.「輸血による感染リスクと日赤の安全対策」
    座長:松田信(太田綜合病院附属太田西ノ内病院)
        佐竹正博(東京都赤十字血液センター)
2.「院内における輸血管理体制について」
    座長:九里孝雄(いわき市立総合磐城共立病院)
         岩井和夫(福島労災病院 整形外科)
3.「輸血前後の感染症検査:臨床の立場から」
    座長:木村秀夫(北福島医療センター)
        佐藤伸二(公立置賜総合病院 輸血部)
4.「輸血後の感染症報告の現状」
   座長:金子元久(福島県赤十字血液センター)
        百瀬俊也(日本赤十字社血液事業本部)
【第2部】トピック
「輸血関連急性肺障害の病態と予防・治療」
   座長:船山完一(宮城県赤十字血液センター)
        大戸斉(福島県立医科大学医学部附属病院 輸血・移植免疫部)
●プログラム【東京】 【第1部】座長:山口一成(国立感染症研究所 血液・安全性研究部)
1.「輸血による感染リスクについて」
    高梨美乃子(東京都赤十字血液センター)
2.「院内における輸血感染症の管理体制」
    小原明(東邦大学医療センター大森病院 輸血部)
【第2部】

1.「血液製剤使用量の削減を目指した救急医療における輸血戦略」
   座長:星順隆(東京慈恵会医科大学附属病院 輸血部)
        小関一英(川口市立医療センター救命救急センター)

2.「人口酸素運搬体の開発状況」
   座長:池淵研二(埼玉医科大学病院 輸血・細胞移植部)
        堀之内宏久(慶應義塾大学病院 呼吸器外科)
●プログラム【岡山】 【第1部】座長:和田秀穂(川崎医科大学付属病院 血液内科)
1.「輸血による感染リスクについて」
   土岐博信(岡山県赤十字血液センター)
2.「院内における輸血管理体制(1)?いかに廃棄血を減らしたか?」
   飽浦良和(倉敷成人病センター)

3.「院内における輸血管理体制(2)?輸血前後の検体保管等について?」
   鋼雅美(岡山済生会総合病院 中央検査科 輸血検査室)

4.「TRALIの臨床像」
   岡崎仁(日本赤十字社 血液事業本部)
【第2部】座長:谷崎眞行(独立行政法人国立病院機構 岡山医療センター)
「『輸血療法の実施に関する指針』および『血液製剤の使用指針』の改定について」
   面川進(秋田大学医学部附属病院 輸血部)
●プログラム【愛知】 1.「『輸血療法の実施に関する指針』および『血液製剤の使用指針』の要点
   座長:安達幸夫(愛知県健康福祉部)
        高松純樹(国立大学法人名古屋大学医学部付属病院 輸血部) 
2.「輸血による感染リスクについて」
   座長:浅井隆善(静岡赤十字血液センター)
        金光公浩(日本赤十字社 血液事業本部) 
シンポジウム「医療現場における輸血感染症対策」
   座長:高松滋(愛知医科大学病院 輸血部)
        玉木茂久(山田赤十字病院 内科)

1.「東海地区の医療機関における輸血感染症対策の現状」
    安藤高宣(日本輸血学会東海支部会:愛知医科大学病院 輸血部)

2.「当院における輸血前後感染症検査の実施について」
    清水由紀(聖隷沼津病院)
3.「岐阜県下における医療機関の輸血感染症対策の現状」
    琴尾泰典(岐阜県立岐阜病院 輸血部)
4.「電子カルテシステムを利用した輸血感染症対策の取組み」
    笠原勝(名古屋市立大学病院 輸血部)

▲このページ [ 第14回 赤十字血液シンポジウム 安全な輸血医療を目指して
-輸血による感染リスクと院内の管理体制- ] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る