トップページ > 医療情報 > 医療情報TOPICS
【がん医療】がんワクチン「効果あり」

進行した膵臓がんや食道がんを対象にしたがんワクチンの臨床研究で、患者34人のうち22人に病状の悪化を防ぐ効果が確認されていることがわかった。

横浜市で開かれている日本癌学会総会で、東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センターの中村佑輔教授が発表した。
めだった副作用は出ていないという。
新薬として開発を進める方針だ。

がんワクチンは、がん細胞に狙いを絞って免疫反応を高め、がんをやつけようという手法。

中村教授らが、正常細胞でほとんど働かないのに、それぞれのがん細胞で特徴的に活発に働いている遺伝子を特定。

強い免疫反応を導くものを選び出し、複数のワクチンをつくった。
膵臓、食道、肺、肝臓、膀胱、大腸の各がんを対象に、岩手医大や福島県立医大などが昨秋から順次、臨床研究を始めた。

今はワクチン自体に毒性がないかを確認している段階で、標準的治療法がないと判断された患者らに説明し、同意を得て研究に参加してもらっている。

9月末までに要世した患者は67人おり、計画通り投与し、3カ月以上過ぎた34人について分析した。

がんが縮小したと評価された人は膵臓、膀胱、大腸の各がんだった5人。

がんが大きくならずに安定していた人が17人で、計22人で効果があったと判断しました。

(平成19年10月5日付 「朝日新聞夕刊」より)

▲このページ [ 【がん医療】がんワクチン「効果あり」 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る