トップページ > 医療情報 > 医療情報TOPICS
ポルトガルとスペインで英国滞在歴のない変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)患者確認
vCJD発生国は7ヶ国に

厚生労働省医薬食品局は、ポルトガルとスペインで英国滞在歴のない変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)患者が確認されたことを受け、平成17年2月9日付の局長通知で医薬品、医療機器などに使用される人由来原材料にvCJD発生国で採取されたものを使用してはならないことが示されている。

今回12月13日付け局長通知により、vCJD発生国にポルトガルとスペインを加えた。
vCJD発生国は、英国・フランス・イタリア・アイルランド・オランダ・ポルトガル・スペインの7カ国になる。(平成17年12月19日付、日刊薬業より)

▲このページ [ ポルトガルとスペインで英国滞在歴のない変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)患者確認
vCJD発生国は7ヶ国に ] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る