トップページ > 医療情報 > 医療情報TOPICS
厚生労働省、都道府県、麻薬・覚せい剤乱用防止活動実施
全国7地区で「麻薬・覚せい剤乱用防止運動地区大会」開催

厚生労働省と都道府県、10月から11月の2ヶ月間、麻薬・覚せい剤乱用防止運動を実施。
全国7地区で「麻薬・覚せい剤乱用防止運動地区大会」を開催するなどして、薬物乱用の危害を国民に訴える。

平成18年9月26日付「日刊薬業」より

中国や台湾で、麻薬・覚せい剤による注射をとおしてHIV感染が爆発的に拡大しているという。
台湾は特にその対策に躍起になっているらしい。
日本はその影響を排除するためにも、有効策を考えておく必要があると考える。

▲このページ [ 厚生労働省、都道府県、麻薬・覚せい剤乱用防止活動実施
全国7地区で「麻薬・覚せい剤乱用防止運動地区大会」開催 ] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る