トップページ > 医療情報 > 医療行政
【薬害・医薬品行政のあり方委員会/HCV・HIV】医薬品行政のあり方委員会、5月23日に発足

厚生労働省は5月23日、薬害肝炎問題の検証や再発防止などについて検討する「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」を発足させる。

委員会では自民党が提言した新たな薬事行政組織「医薬品庁」についても議論。
夏までに安全対策のあり方を中心とした中間報告をまとめ、来年度予算概算要求に反映させる。
薬害肝炎事件の検証については秋以降の議題とし、全体的なとりまとめは年度内に行う。

医薬品副作用被害対策室によると、委員会で安全対策のあり方を検討する際、「当然、組織の体制がどうあるべきかも議題に上るし、医薬品庁も議論になる」としている。

医薬品庁については、自民党の「薬事政策のあり方検討会」や、自民党・科学技術創造立国推進調査会の「健康研究推進プロジェクトチーム」が、審査や安全対策などの薬事行政を一括して行う新たな組織として創設を提言している。

平成20年5月19日付「日刊薬業」から

▲このページ [ 【薬害・医薬品行政のあり方委員会/HCV・HIV】医薬品行政のあり方委員会、5月23日に発足 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る