トップページ > 医療情報 > 肝炎(HCV・HBV・HEV)・肝硬変・肝移植
【HCV】PhRMA 感染症薬の開発状況発表

米国研究製薬工業協会(PhRMA)は、2007年11月16日、加盟企業の感染症治療薬の開発状況を発表、ブドウ球菌感染症の治療薬11種、ワクチン4種を含む338種が現在、臨床段階か米FDA(米国食品医薬局)の承認待ち段階にあるという。

また、開発中の薬剤として、自然免疫を制御する新しいクラスの薬剤(C型肝炎治療薬)が1種などがある。

(平成19年11月20日付 「日刊薬業」から)

▲このページ [ 【HCV】PhRMA 感染症薬の開発状況発表 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る