トップページ > 医療情報 > 肝炎(HCV・HBV・HEV)・肝硬変・肝移植
【HCV】厚労省薬・食審第一部会 INF製剤「スミフェロン」の効能追加の承認を了承

厚生労働省の薬事・食品衛生審議会第一部会は8月29日、インターフェロン(INF)製剤「スミフェロン」(大日本住友製薬)に、「C型代償性肝硬変のウイルス血症改善」の効能を追加することを了承。
同じ適応を持つインターフェロン製剤「フェロン」では適応となっていない「セログループ1の血中HCV/RNA量が100~500KIU/mLの患者」にも使用ができる。
最審査期間は4年。

平成20年9月2日付「日刊薬業」から

▲このページ [ 【HCV】厚労省薬・食審第一部会 INF製剤「スミフェロン」の効能追加の承認を了承 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る