トップページ > 医療情報 > 肝炎(HCV・HBV・HEV)・肝硬変・肝移植
【HCV】厚労省通知 ペガシス「間質性肺炎の既往歴」を禁忌に

厚生労働省医薬食品局安全対策課は、8月8日付の課長通知で、日本製薬団体連合会安全性委員会を通じ、ペグインターフェロンアルファ-2a(遺伝子組換え)(製品名=ペガシス)の使用上の注意を改訂し、「間質性肺炎の既往歴のある患者」を禁忌に追加するよう中外製薬に指示した。

インターフェロンアルファ製剤やインターフェロンベータ製剤、ペグインターフェロンアルファ-2b(遺伝子組換え)など、ほかのINF製剤についても同日付の事務連絡で、「間質性肺炎の既往歴のある患者」を慎重投与に加えるよう求めた。

平成20年8月12日付「日刊薬業」から

▲このページ [ 【HCV】厚労省通知 ペガシス「間質性肺炎の既往歴」を禁忌に ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る