トップページ > 医療情報 > 肝炎(HCV・HBV・HEV)・肝硬変・肝移植
【HCV】肝炎薬インターフェロン 04年4月以降 副作用で22人死亡

厚生労働省は9月25日、慢性C型肝炎の治療に使われるインターフェロン製剤の7社8製品の副作用で間質性肺炎になったとの報告が2004年4月~今年5月にかけ223件あり、うち22人が死亡したとする調査結果を公表した。

同製剤で間質性肺炎の副作用が起きることは知られており、製品添付文書で警告されているが、同省は注意を呼び掛けている。

8製品の推計使用者数は計18万8800人。
最も副作用報告が多かったのは、中外製薬の「ペグインターフェロンアルファ-2a」(商品名ペガシス)で124人(死亡13人)だった。
この124人のうち11人は過去に間質性肺炎を患っていた。
次に多かったのは、シェリング・プラウの「ペグインターフェロンアルファ-2b」(商品名ペグイントロン)で78人(死亡6人)。

厚労省は「ペガシスについては(間質性肺炎の)既往歴のある患者に高い確率で副作用が起きる傾向にある」として、既往歴がある患者には投与しないよう添付文書に書き加えるよう指示した。

平成20年9月26日付「朝日新聞」より

▲このページ [ 【HCV】肝炎薬インターフェロン 04年4月以降 副作用で22人死亡 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る