トップページ > 医療情報 > 肝炎(HCV・HBV・HEV)・肝硬変・肝移植
【C型肝炎】「遺伝子型2型または3型のHCVに対するペグインターフェロン α-2a+リバビリンの16週投与と24週投与の比較」
(Peginterferon Alfa-2a and Ribavirin for 16 or 24 Weeks in HCV Genotype 2 or 3)

【背景】
遺伝子型が2型または3型のC型肝炎ウイルス(HCV)に感染した患者に、ペグインターフェロンとリバビリンを24週間投与すると、約80%のウイルス排除率(sustained virologic response rate)を示す。
ペグインターフェロン α-2aとリバビリンの投与期間を16週間のみにした場合でも同程度の有効性が得られるかどうかを検討するため、大規模無作為化多国間非劣性試験を実施。

【方法】
遺伝子型が2型または3型のHCV感染患者1,469例を、ペグインターフェロンα-2a 180μg(週1回)+リバビリン800mg(1日1回)を16週間または24週間投与する群に無作為に割り付けた。
ウイルス排除は、治療終了後24週の時点での血清のHCV RCV濃度が検出不能(<50IU/ml)であることと定義した。

【結果】
この研究では、16週レジメンが24週レジメンに対して非劣性であることは立証されなかった。
ウイルス排除率は、16週投与群の方が24週投与群に比べ優位に低かった(62%対70%、16週 対24週のオッズ比 0.67、95%信頼区間 0.54~0.84, P<0.001)。
さらに、再発率(治療終了時にHCV RNAが検出不能の患者で、追跡期間中にHCV RNAが400,000 IU/ml以下の患者におけるウイルス排除率、16週レジメンで82%、24週レジメンで81%であった。
迅速な抗ウイルス効果(rapid virologic response)(HCV RAV濃度が4週目まで検出不能)を示した患者では、ウイルス排除率は16週投与群で79%、24週投与群で85%であった(P=0.02)。

【結論】
遺伝子型が2型または3型のHCV感染患者に対して、ペグインターフェロンとリバビリンの16週投与は、標準多岐な24週投与よりも全体的なウイルス排除率が低い。

The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE Vol.357, N0.2:124-134, JULY 12,2007」. Mitchell L. Shiffman, M.D. and other. ABSTRACTS より

▲このページ [ 【C型肝炎】「遺伝子型2型または3型のHCVに対するペグインターフェロン α-2a+リバビリンの16週投与と24週投与の比較」
(Peginterferon Alfa-2a and Ribavirin for 16 or 24 Weeks in HCV Genotype 2 or 3) ] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る