医療情報:トップページ【社会福祉法人 はばたき福祉事業団】
what's New!
(2011/03/16)    【医療情報】
東北・関東大震災、被災地のみなさまにお見舞い申し上げます。抗血友病製剤やHIV治療薬で入手困難や心配なことがありましたらご連絡ください。
(2011/01/27)    【医療情報TOPICS】
【医療福祉】≪インターネット販売規制の見直しについて≫
東京HIV訴訟原告団は、患者本位の医療実現のため、時代に即した販売規制を求めて意見書提出血
(2011/01/06)    【医療行政】
2010年の医療 医薬品の行政を振り返り
(2010/11/06)    【肝炎(HCV・HBV・HEV)・肝硬変・肝移植】
血小板増加薬「レボレード」、承認取得
(2010/11/06)    【肝炎(HCV・HBV・HEV)・肝硬変・肝移植】
B型肝炎訴訟 「未発症も補償検討を」札幌地裁、国に要請
医療情報   医療制度
 【医療福祉】≪インターネット販売規制の見直しについて≫
東京HIV訴訟原告団は、患者本位の医療実現のため、時代に即した販売規制を求めて意見書提出血
  (2011/01/27)
 医薬品行政監視の第三者組織 来年度に厚労省内設置  (2010/10/04)
 近藤理事長 総合機構スタッフ「2000~3000人が必要」  (2009/10/22)
 味の素 来年4月に「味の素製薬」発足、5年内に1000億円へ  (2009/10/01)
 【医療倫理】医師が報告する利益相反の開示の正確性
「NEJM」2009; Vol 361 ABSTRACTS
  (2009/10/01)
 
 【医薬分業】「日本薬剤師会専務理事 新潟県厚生連の院内処方方針は疑問(日刊薬業記事から)」 患者の院内外処方の選択肢を規制はもってのほか!  (2009/02/04)
 【医療の透明化】レセプト電子化「強制は違憲」 医師ら961人、国提訴  (2009/02/04)
 「制度のてびき」
最新の平成20年11月第4版が発行されました
  (2009/01/06)
 【HIV・身障者手帳】2008年1月31日付読売新聞朝刊にHIV感染者の身障者手帳取得についての記事が掲載されました  (2008/02/04)
 【HIV感染症・血友病】中医協・基本小委血友病に伴うHIV患者等※の薬剤費を出来高算定に  (2007/12/09)
医療安全   医療行政
 【BSE】遺伝性のBSE確認 食べ物経ず自然発病 米農務省  (2008/09/25)
 【薬害サリドマイド】サリドマイド、厚労省検討会で安全管理基準案を議論。
薬食審医薬品第二部会、安全管理前提に承認を了承
  (2008/09/05)
 【医療安全/薬害】政府答弁書 イレッサ副作用死 3月末で734人  (2008/09/05)
 【医療安全】日本医療機能評価機構 「医療事故情報収集等事業」2007年年報を発表  (2008/08/27)
 【医療者の安全感覚は―】採血器具使い回し 「採血に使う器具 使い回し数万人」 熊本の医療機関で、1年で  (2008/07/22)
 
 2010年の医療 医薬品の行政を振り返り  (2011/01/06)
 【医薬品安全対策】医薬品医療機器総合機構運営費交付金(安全対策関係)予算概算要求 10億1400万円  (2008/09/05)
 【医薬行政】厚労相 医薬行政「徹底的に改革」  (2008/09/05)
 【医療・中医協】舛添厚労相 中医協は「透明性はない」  (2008/06/09)
 【薬害・医薬品行政のあり方委員会/HCV・HIV】医薬品行政のあり方委員会、厚労相「組織含め薬害防止検討」  (2008/06/02)
肝炎(HCV・HBV・HEV)・肝硬変・肝移植   患者参加型医療
 血小板増加薬「レボレード」、承認取得  (2010/11/06)
 B型肝炎訴訟 「未発症も補償検討を」札幌地裁、国に要請  (2010/11/06)
 B型肝炎、早期にタイプ別治療により 最適な治療選択可能に 国が判定薬承認  (2010/11/04)
 ペガシス・コペガス併用の適応追加申請  (2010/11/04)
 B型肝炎 国の救済案 計2兆円  (2010/10/14)
 
 厚生科研など、厚労省、公的研究としての必要性、効率性や成果の分かりやすさなど評価の重視とする  (2010/09/11)
 【患者参加型医療】「病気の専門家」患者の医療参加を支援する マルシア・ケルソンさん 朝日新聞“ひと”  (2009/10/18)
 【患者参加型医療/医療基本法】患者の声を医療政策に反映させるあり方協議会 「医療基本法」制定の必要性で一致  (2008/12/09)
 【患者参加型医療】患者の声を医療政策に反映させるあり方協議会設立記念フォーラム” 患者会10団体が協議会設立”  (2008/07/23)
 【患者参加型医療/患者が変われば医療は変わる】
テキサス州立大学上野准教授 医療の質向上へ患者自身が発言を
  (2008/07/17)
未承認薬/コンパッショネート・ユース制度   学会・シンポジウム
 【未承認薬/コンパッショネート・ユース制度】日本製薬工業協会・フランス製薬工業協会の日仏定期協議  審査当局が後発品の品質を徹底チェック/未承認薬の使用実態も議題に  (2009/01/05)
 【コンパッショネート・ユース制度(CU制度)】厚労省 米国の未承認薬制度を調査 CU制度国内導入年度内に実施  (2008/12/09)
 【厚労省予算内示/国際共同治験/コンパッショネート・ユース】厚労省医薬食品局 08年度予算内示から 国際共同治験の推進へ新規2事業  (2008/02/06)
 【新薬開発&迅速供給】CU制度国内導入へ実態把握 欧米の未承認薬制度調査へ 厚労省  (2007/10/09)
 【CU制度】「コンパッショネート・ユース(CU)制度」の日本導入で委員の意見一致
2005年に医師が個人輸入した上位10品目のうち8品目は抗ガン剤
  (2007/07/06)
 
 国際ハンセン病政策シンポジウム(第1回)
ハンセン病医療政策と資料保存 -日本とノルウェー -
  (2010/01/19)
 慢性疾患の子どもたちの自立を目指した支援プログラムの開発に向けて  (2010/01/19)
 犬死に大国、ニッポン
~ハンセン病と薬害エイズの記憶を語り継ぐために~
イベント開催のお知らせ
  (2010/01/12)
 第18回 赤十字血液シンポジウム「輸血医療 ―変革の時代とその対応― 」  (2009/12/17)
 2009年度 東京都エイズ予防財団月間シンポジウム
「企業とHIV ―だれもが働きやすい社会へ―」
  (2009/11/17)