トップページ > HIV医療福祉 > エイズ学会スカラシップ
「参加費・交通費…陽性者、助成します」
シンポジウム「自ら動き出したHIV陽性者たち」のHIV陽性者参加支援スカラシップが10月27日付毎日新聞朝刊に掲載されました

第20回日本エイズ学会で、はばたき福祉事業団など4団体の共催でシンポジウム「自ら動き出したHIV陽性者たち ~"自立と社会参加"のための3つのプログラム~」開催されます。

すでにホームページでお知らせしましたとおり、本シンポジウムには、HIV陽性者を対象に学会参加費、交通費等を助成する「HIV陽性者参加支援スカラシップ」を設立しました。
一人でも多くのHIV陽性者が参加できるよう、ぜひこのスカラシップを有効に活用してください。

そして、このスカラシップのことが、10月27日付毎日新聞朝刊に取り上げられました。
「HIV:参加費・交通費…陽性者、助成します 来月30日、東京でシンポ」という見出しの記事です。

記事では、このスカラシップを「ユニークな取り組み」と紹介し、助成額や問合せ先を知らせています。

なお、スカラシップの締め切りは11月15日。
希望される方は、早めにご連絡ください。

▲このページ [ 「参加費・交通費…陽性者、助成します」
シンポジウム「自ら動き出したHIV陽性者たち」のHIV陽性者参加支援スカラシップが10月27日付毎日新聞朝刊に掲載されました ] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る