トップページ > HIV医療福祉 > HIV感染者の為の医療福祉制度のご紹介
薬害HIV感染被害者に対する恒久対策としての支援制度について

特定疾病療養(長期高額疾病)

血友病、血液製剤投与に関係する HIV感染症(二次・三次感染を含む)の方は、厚生労働大臣の定める特定疾病として、特定疾病療養受療証の交付申請をすることができます。
申請が認可されると特定疾病療養受療証が交付されます。

交付された受療証を受診時の会計で提示することで1ヶ月の医療費の自己負担上限額が10,000円になります。(複数の医療機関を受診した場合は、医療機関ごとに自己負担上限額(1万円)を負担することになります。)

入院時の食事療養費は助成されません。
この制度は、血友病 AおよびBの方が対象となります。。
国民健康保険・社会保険ともにこの制度を利用することができます。
申請の方法など、詳しくはご利用の健康保険の窓口にお問い合わせください。

先天性血液凝固因子障害等治療研究事業

20歳以上の先天性血液凝固因子障害(血友病)、もしくは血液凝固因子製剤の投与によるHIV感染症の方を対象に、厚生労働省が先天性血液凝固因子欠乏症治療研究事業として該当する患者の医療費を補助する制度です。

特定疾病に関する治療を受ける際、特定疾病療養受療証と併用することで、特定疾病療養受療証でカバーできない医療費の自己負担(上限1万円/月)と入院時の食事療養費が無料になります。

難病医療費の助成制度として認定され、特定疾患医療受給者証(都道府県により名称は異なります。例:東京都→マル都医療券 など)が交付されます。

有効期間があり、毎年1回、保健所もしくは都道府県に更新申請が必要です。
また、申請の際、特定疾病療養受療証の写しが必要となります。(新規・更新とも)

 特定疾病療養受療証と先天性血液凝固因子障害等治療研究事業は併用することができます。

先天性血液凝固因子障害等治療研究事業で交付される特定疾患医療受給者証(自治体により名称が異なる)は受診後の会計時、併用して利用することができます。
両方を使用することで、医療費負担が無料にすることができます。


調査研究事業


血液製剤によるHIV感染者、二次感染者、三次感染者を対象として、平成5年度から「エイズ発症予防に資するための血液製剤によるHIV感染者の調査研究事業」 が開始されました。

日常健康管理および治療に関する調査研究が実施され、報告した健康状態の情報をもとに、根本治療の方法が確立されていないAIDSの発症予防に役立てるための研究を行う事業です。

また、研究協力者に対し、健康管理費用が支給されます。

支給額
①CD4リンパ球が1μl(マイクロリットル)あたり200以下の場合・・・月額51,800円

②その他の対象者・・・月額35,800円

「エイズ発症予防に資するための血液製剤による HIV感染者の調査研究事業」について詳しくは独立行政法人 医薬品医療機器総合機構へお問い合わせ下さい。

健康管理支援事業

血液製剤によるHIV感染者、二次感染者、三次感染者のうち、AIDSを発症しかつ裁判上の和解が成立している方に対して、発症者健康管理手当が支給されます。
これは、エイズの発症にともなって必要となる健康管理に必要な費用の負担を軽減して、福祉の向上を図ることを目的としています。

支給額
月額 \150,000

「血液製剤によるエイズ患者等のための健康管理支援事業」について詳しくは独立行政法人 医薬品医療機器総合機構へお問い合わせ下さい。

▲このページ [ 薬害HIV感染被害者に対する恒久対策としての支援制度について ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る