トップページ > HIV医療福祉 > HIV/AIDS
「エイズ対策は国にとって大変重要な課題」と厚生労働大臣が発言

尾辻厚生労働大臣は、7月12日の閣議後記者会見で、前日にエイズ患者やHIV感染者と懇談したとこについて、「エイズ対策は国にとって大変重要な課題と認識している。どこに力を入れるべきか率直な意見をうかがいたいと思い、関係者とお会いした」と語りました。
はばたき福祉事業団は、被害者の医療のみならず、エイズ対策全般について、発言を続けております。
HIV感染症は、感染者を医療機関とのつながりを保つことが、感染拡大の予防になると考えており、その面からも治療体制の拡充を求めていきます。

▲このページ [ 「エイズ対策は国にとって大変重要な課題」と厚生労働大臣が発言 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る