トップページ > HIV医療福祉 > HIV/AIDS
「職場におけるエイズ問題に関するガイドラインについて」が一部改正されました

4月30日付中日新聞で、愛知県内の病院でHIVに感染した看護師が退職に追い込まれたという記事が掲載されました。この記事については、はばたきホームページにも掲載しています。

HIV理由に退職勧奨 愛知の病院

この記事中で、国が定めた「職場におけるエイズ問題に関するガイドライン」ではHIV感染者を差別しないように求めているが、医療現場は対象外とされていることが問題点として指摘されていました。

これを踏まえて、厚生労働省では、同日付でガイドラインの一部改正を行いました。改正部分は以下の通りです。

【改正前】

(1 趣旨)
なお、本ガイドラインは、労働者が通常の勤務において業務上HIVを含む血液等に接触する危険性が高い医療機関等の職場は想定していない。

【改正後】

(1 趣旨)
なお、労働者が通常の勤務において業務上HIVを含む血液等に接触する危険性が高い医療機関等の職場においては、感染の防止について、別途配慮が必要であるところ、医療機関等における院内感染対策等については、「医療機関における院内感染対策マニュアル作成のための手引き(案)」等が作成されていることから、これらを参考にして適切に対応することが望ましい。

▲このページ [ 「職場におけるエイズ問題に関するガイドラインについて」が一部改正されました ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る