トップページ > HIV医療福祉 > HIV/AIDS
【HIV】HIV感染者の「移住認めるべきでない」と、豪州首相
首相の発言は過剰反応とエイズ対策の非政府機関、民間団体は反発

メルボルン――保守連合政権を率いるハワード・オーストラリア首相は13日、エイズウイルス(HIV)感染者の同国への移住は認められるべきではないとの見解を明らかにした。
地元のラジオ局に述べたもので、感染者への支援活動を実施している団体関係者らは「首相は外国人嫌い」などと強く反発している。

首相はこの問題では一層の協議が必要と前置きしながらも、「私の今の考えを言えば、認めるべきではない」と答えた。
同時に、現在の移民政策の再検討が必要かどうかを調べていることをも明らかにした。

ビクトリア州メルボルンを訪れた際に表明したもので、同州の衛生当局は最近、州内で発見された新たなHIV感染者334人のうち70人は感染が判明後、移民として豪州に来たとの事実を明らかにしていた。

これに対しエイズ対策の非政府機関、民間団体などは、豪州政府は移住希望者の感染テストを既に実施し、感染が発覚した場合、公共衛生対策への負担など理由に移住を認めない多数の例があると指摘、首相の発言は過剰反応と反発している。

原典:HIV感染者の「移住認めるべきでない」と、豪州首相

平成19年4月14日「CNN.co.jp」より

▲このページ [ 【HIV】HIV感染者の「移住認めるべきでない」と、豪州首相
首相の発言は過剰反応とエイズ対策の非政府機関、民間団体は反発 ] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る