トップページ > HIV医療福祉 > HIV/AIDS
【HIV】新規HIV感染者・エイズ患者が過去最高2008年の年間報告(速報値)

2008年の新規HIV感染者と新規エイズ患者は合計1545人で、過去最高に上ったことが2月18日、分かった。
厚生労働省・エイズ動向委員会が同日、発表した。
過去最高の更新は6年連続。

2008年の年間報告(速報値)によると、新規HIV感染者は1113人(前年1082人)、新規エイズ患者は432人(前年418人)でともに過去最高。
感染者・患者の合計を年齢別に見ると、30代が559人で最も多く、20代の377人、40代の303人、50歳以上の283人と続いている。
30代で前年から減少したほか、40代では同数、それ以外の年代では前年よりも増加。
特にエイズ患者では50歳代が最多で33.6%に上った。

HIV感染者については、30代が38.1%で最も多く、20代が29.6%でこれに続く。
感染経路では、同性間性的接触がHIV感染者の69%、エイズ患者の44%を占め、最も多かった。
保健所などによるHIV抗体検査の件数も、17万7156件(前年比2万3340件)と過去最高。
保健所への相談件数は過去3番目に多い23万91件(前年比1万5744件増)だった。

平成21年2月20日付「日刊薬業」から

同委員会では、国民はHIV/AIDSへの理解を深め、身近な問題として積極的に予防に努めるべきと指摘。
その上で、早期発見は早期治療と共に、社会における感染拡大防止に結び付くとして、HIV抗体検査や相談の機会を積極的に利用するよう呼び掛けている。

平成21年2月19日付「キャリアブレイン」から

▲このページ [ 【HIV】新規HIV感染者・エイズ患者が過去最高2008年の年間報告(速報値) ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る