トップページ > HIV医療福祉 > HIV/AIDS
【古い記事を拾って】【HIV】ロシアで広がるエイズの脅威、HIVウイルス感染者100万に近くに

ロシア保健当局は前週、ロシアのHIVウイルス感染者について、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が「不正確」な数値を公表したとして非難。
UNAIDSは平成19年11月21日に年次報告の中で、旧ソビエト連邦諸国での新たなHIV感染者数を66%をロシア人が占めていると発表した。

ロシアのエイズ関連当局による10月の公式統計では、同国でHIVウイルス感染者が初めて確認されて以来の感染者数は合計40万3100人で、うち1万9924人が死亡している。

一方、同国の専門家の一部は、実際の感染者数は130万人近いと指摘している。

平成19年11月28日付「AFPロシア/モスクワ」から

▲このページ [ 【古い記事を拾って】【HIV】ロシアで広がるエイズの脅威、HIVウイルス感染者100万に近くに ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る