トップページ > HIV医療福祉 > HIV/AIDS
【HIV/AIDS】エイズ:2007年、感染者が過去最多

厚生労働省のエイズ動向委員会は5月20日、2007年(平成19年)の新規エイズウイルス(HIV)感染者が1,082人、新規エイズ患者(AIDS発症者)が418人で、ともに年間過去最多を更新したと発表した。

HIV感染者とエイズ患者の合計は1,500人(男性1,384人、女性116人)になり、前年比は142人増。
2003年以降5年連続で最多を更新した。
1日当たりの発生数は4.1人で、初めて4人台になった。

同省のエイズ動向委員会は「感染拡大に歯止めがかかっていない。
また、地方都市でエイズ発症患者の増加傾向が見られ、地方の検査体制の充実を図る必要がある」と指摘した。

平成20年5月21日付「毎日新聞」朝刊から

▲このページ [ 【HIV/AIDS】エイズ:2007年、感染者が過去最多 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る