トップページ > HIV医療福祉 > HIV/AIDS
【HIV】免疫耐性エイズウイルスが広がる、感染者調査で確認

遺伝子変異で人間の免疫が効きにくいエイズウイルス(HIV)が広がっていることが、熊本大学などの国際チームによる8カ国2000人の感染者調査で確認された。

ワクチン開発戦略の見直しを迫る内容。
2月26日付の英科学誌ネイチャーに掲載される。

HIVが体内に入ると、細胞内で増殖を繰り返し、エイズが発症する。
体内の免疫細胞は、感染した細胞内で、ヒト白血球抗原(HLA)と呼ばれる特殊なたんぱく質と結合したHIVを攻撃するが、ウイルス内のある遺伝子に変異が生じると、免疫細胞が攻撃できなくなる。

研究チームはまず、特定のHLAが先天的にある感染者に注目。
その細胞内の変異ウイルスを調べたところ、全体の96%から検出された。
変異ウイルスがなぜ発生したかは不明だが、HLAがある感染者の体内で変異ウイルスが増え、それが性感染などを通じ、HLAのない感染者に広がったらしい。

平成21年2月26日付「読売新聞」から

HIV、急速な変異でヒトの免疫システム回避 ワクチン開発に影響も

エイズウイルス(HIV)がヒトの免疫システムを逃れるために急速に変異していることが、2月26日の英科学誌「ネイチャー(Nature)」(電子版)で発表された研究結果で明らかになった。
この現象は、ワクチン開発において問題の1つとなるものだといえる。

英オックスフォード大学(Oxford University)のPhilip Goulder氏は、「エイズウイルスは、我々が生まれながらに持つ、免疫によるウイルスの制御システムを避けるのに効果的な動きをしている。
これは、わずか20年ほどの間に非常に急速な進化だ」と語った。

国際研究チームは、北米やカリブ海沿岸地域、欧州、サハラ以南のアフリカ、オーストラリア、日本の2800人の感染者の遺伝子情報やウイルス株を分析したという。

平成21年2月28日付AFPから

▲このページ [ 【HIV】免疫耐性エイズウイルスが広がる、感染者調査で確認 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る