トップページ > HIV医療福祉 > HIV/AIDS
【HIV】ニューヨーク市、ブロンクスの全成人対象に

[6月27日AFP]米ニューヨーク(New York)市の保健当局は全米検査デー(National HIV Testing Day)の7月26日、市内で最もHIV感染者の多いマンハッタン(Manhattan)ブロンクス(Bronx)区の全成人を対象にエイズウイルス(HIV)感染の検査を実施する計画を明らかにした。

ブロンクスの病院、診療所、ヘルスセンター、宗教施設など40か所で、全訪問者に対し体系的にHIV感染検査を行うというもので、ニューヨークでは過去最大規模の検診制度となる。

市当局は、ブロンクス住民の約30%に当たる25万人がHIV感染テストを1度も受診したことがないとみており、今後3年間でブロンクスの18歳から64歳までの全住民の感染検査を完了させたい考えだ。

検査時間は10分~20分程度。
複数の地域団体が検査に協力する。

2006年にニューヨークで新たにHIV陽性と判明した3745人のうち、25%がブロンクスの住民だった。
ブロンクスにエイズ患者の25%は、発症して初めて自身のHIV感染を知る事例が多いという。
一方、州内でもっとも人口の多いマンハッタン区はブロンクスよりHIV感染者は多いがエイズによる死者は少ない。

ニューヨークの保健当局が前週発表した調査結果によると、複数のパートナーと性的関係があるニューヨーク住民のうち、コンドームを使用しているのは60%に過ぎなかった。

平成20年6月27日付(AFP/Richard Ingham)「国際ニュース:AFPBB News」から)

▲このページ [ 【HIV】ニューヨーク市、ブロンクスの全成人対象に ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る