トップページ > HIV医療福祉 > HIV/AIDS
【HIV】世界的なエイズ流行は「安定した状態」、感染者数は増加

[7月30日AFP]国連合同エイズ計画(Joint United Nations Programme on HIV/AIDS、UNAIDS)が7月29日に発表した報告書によると、27年間にわたって2500万人以上の命を奪ってきたエイズ(AIDS)の世界的流行は、ここにきて安定している。
一方で、この状態を維持しエイズの脅威を縮小させるためには、ぜいたくな資金や予防分野での進展が必要だとしている。

2007年のエイズ関連疾病での死者数は約200万人と2年連続で減少しており、2005年に比べると約20万人も減少している。
これは主に、免疫細胞を破壊するエイズウイルス(HIV、ヒト免疫不全ウイルス)を抑制する薬が広く普及したことによるものだという。

2007年のHIV感染者数は約3300万人で、新たに感染したのは約270万人だという。

全体的にみて、世界の人口におけるHIV感染者の割合は2000年に0.8%となって以来、ほぼ横ばいの状態が続いているという。
だが、HIV感染者数事態は増加し続けており、さらなる感染の危険性や対策の必要性は依然として存在している。

平成20年7月30日付「国際ニュース:AFPBB News」から

▲このページ [ 【HIV】世界的なエイズ流行は「安定した状態」、感染者数は増加 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る