トップページ > HIV医療福祉 > HIV/AIDS
【HIV】新規HIV感染者数が過去最高

厚生労働省のエイズ動向委員会が7日発表した2007年第2・四半期(07年4月2日-7月1日)の報告によると、新規HIV(エイズウイルス)感染者の報告数は270件で過去最高となった。
新規エイズ患者も110件で過去2位だった。
感染者、患者とも報告数が多かった理由としてエイズ動向委員会は、検査件数の増加を挙げている。

第2・四半期報告によると、感染者、患者ともに92%以上を男性が占め、うち同性間性的接触による感染が約60%。
年齢別に見ると、HIV感染者20代-30代が76%と多数を占めた。
エイズ患者は30-50代に広く分布し、前年と比べ40代以上で増加傾向を示した。
4~6月末までの保健所のHIV抗体検査件数と相談件数、自治体の検査件数はいずれも前年同期より大幅に増加した。

(平成19年8月9日付「日刊薬業」より)

▲このページ [ 【HIV】新規HIV感染者数が過去最高 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る