トップページ > HIV医療福祉 > HIV/AIDS
HIV感染者、約3人に1人が「感染気づかず」 欧州連合

欧州委員会(EuropeanCommission)は26日、エイズウイルス(HIV)感染者の3人に1人近くが、自らが感染者であることを知らず、HIV感染の危険性を高めていると…

欧州委員会は26日、エイズウイルス(HIV)感染者の3人に1人近くが、自らが感染者であることを知らず、HIV感染の危険性を高めているとの報告書を発表した。

エイズが明らかになってから25年以上経つものの、欧州委員会は、欧州がエイズに対する警戒を解く時期ではないと警告。
近隣諸国の中には、感染者が倍増した地域もあると述べた。

エイズの発症や進行を抑える治療法はあるものの、ワクチンや完治する方法はいまだ見つかっていない。

欧州委員会のアンドローラ・ワシリウ委員(保健担当)は声明で、「HIV/AIDS」に対する闘いへの政治的な気運を維持する必要がある」と訴えた。

「人々に、自らに責任をもち、パートナーとセーフセックスについて話し合い、実践し、HIV検査を受けに行くよう働きかける必要がある」(ワシリウ欧州委員)

欧州委員会の統計によれば、欧州連合(EU)27か国とその近隣諸国のHIV感染者またエイズ患者の数は、2001年の150万人から07年に220万人に増加した。
そのうち73万人がEU域内に生活している。
07年には、EUと近隣諸国で約5万人の新たなHIV感染者が見つかったという。

HIVに感染している15-49歳の成人の人口に占める割合は国によって異なり、最も少ない国で0.1%、最も多い国で1.0%以上だった。

フランス、イタリア、スペイン、ポルトガルは比較的感染者率が高く0.4%から0.5%の間にある。
しかしエストニアはさらに高く、感染者率は約3倍の1.3%となっている。

ロシアでは人口の約1.1%がHIVに感染しており、ウクライナは1.6%にも上がる。

平成21年10月27日 「AFP通信」

▲このページ [ HIV感染者、約3人に1人が「感染気づかず」 欧州連合 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る