トップページ > HIV医療福祉 > HIV治療(HIV治療薬・HIV医療)
シーエルセントリ「マラビロク」の承認条件緩和

【HIV】≪「シーエルセントリ(マラビロク)」の承認条件緩和 厚労省審議会医薬品第二部会≫

厚生労働省は11月29日に薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会を開き、
ヴィーブヘルスケアの「シーエルセントリ錠150mg」(一般名=マラビロク)について、
承認条件から「薬物動態試験の実施・提出」を除外することを了承した。
同剤は「CCR5指向性HIV-1感染症」の治療薬。

(平成22年12月1日付 「日刊薬業」から)

※これにより、投薬を受けられる患者の範囲が広がると思う。
同時に、副作用等の情報把握や対策をしっかりと構築することが大切と思う。

▲このページ [ シーエルセントリ「マラビロク」の承認条件緩和 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る