トップページ > HIV医療福祉 > HIV治療(HIV治療薬・HIV医療)
抗HIV薬「ノービア」の錠剤の形での承認申請へ。 ようやく…。 迅速承認を!

【HIV】≪アボット 「ノービア(リトナビル)」の錠剤を承認申請≫

アボット・ジャパンは9月9日、HIVプロティアーゼ阻害剤「ノービア」(一般名=リトナビル)の新剤形として、錠剤(100mg)の承認申請を7日付で行ったと発表した。従来のノービアの剤形は、ソフトカプセル製剤や内用液で、品質を保つために冷蔵保存する必要があったが、錠剤は室温保存ができるため、利便性の向上が期待できるという。

承認されれば、ソフトカプセル製剤や内用液を錠剤へ切り替えていく方針。

(平成22年9月10日付  「日刊薬業」から)

※「ノービア」(リトナビル)は抗HIV効果も大きく、また他のプロティアーゼ阻害剤などのブースト作用から多く使用されている。発売当初から飲みにくい製剤、携帯しにくい製剤として早くから錠剤化が望まれていた。海外では既に錠剤化したノービアが服用されているが、…、ようやく日本で承認申請が出された段階。迅速審査で患者のニーズに早くこたえられるよう厚労省等に要望したい。

▲このページ [ 抗HIV薬「ノービア」の錠剤の形での承認申請へ。 ようやく…。 迅速承認を! ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る