トップページ > HIV医療福祉 > HIV治療(HIV治療薬・HIV医療)
米国研究製薬工業協会(PhRMA)報告
現在開発中のHIV/エイズ治療薬は82種類

米国研究製薬工業協会(PhRMA)は、05.12.12、現在開発中のHIV/エイズ治療薬が82種類(そのうち、新ワクチン18種類、抗ウイルス薬36種類が臨床試験段階で、米国食品医薬品局:FDAの承認待ち段階)になると調査結果を報じた。PhRMAのビリー・トーザン(BillyTauzan)理事長は「これほど多くのHIV/エイズ治療薬が開発中であることに大変勇気づけられている」と述べる。(05.12.13付日刊薬業より)

 「抗HIV薬の副作用は強く、薬剤害毒性の無い、長期服用が可能な薬の開発と、有効な薬の早期使用が実現できるよう要望したい。治験も含め、日本発、海外同時販売となるよう、日本の研究開発に期待したい」

▲このページ [ 米国研究製薬工業協会(PhRMA)報告
現在開発中のHIV/エイズ治療薬は82種類 ] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る