トップページ > HIV医療福祉 > HIV治療(HIV治療薬・HIV医療)
【HIV】HIV夫婦 来月にも体外受精実施

夫婦ともHIVに感染している30代夫婦への国内初(妻は抗HIV薬でのコントロールなしに妊娠となる医療行為実施という点では世界初)の体外受精が、荻窪病院(東京都杉並区)で来月にも実施される見通しとなった。

同病院の花房秀次副院長が28日、東京都内で開かれた厚生労働省研究班の公開班会議で明らかにした。
精液からウイルスを除去し、体外受精か人工授精をする計画。
同病院の倫理委員会が昨年1月に実施を承認したが、他のHIV感染者から慎重な姿勢を求める意見が出たため、議論を重ねていた。
(厚生労働省研究班の承認のもとに行うことを求めての申請に対して)

同日、研究班(研究分担者・田中憲一新潟大学教授)の会議に出席した感染者らは、今回用いられるウイルス除去技術について、安全性や適用基準がないことに懸念を表明。
研究班は、今後、技術の標準化や適用対象とする夫婦の条件などについて、ガイドライン作成を含めて検討する方針を確認した。

討議を受けて花房副院長は30代夫婦への実施を決定。
状況や結果は、研究班に報告するとした。

平成20年7月29日付「朝日新聞」から

▲このページ [ 【HIV】HIV夫婦 来月にも体外受精実施 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る