トップページ > HIV医療福祉 > HIV治療(HIV治療薬・HIV医療)
【HIV】抗HIV薬「ストックリン」、600mg錠が発売。

万有製薬は、HIV感染症治療薬「ストックリン錠600mg」を6月20日新発売。
ストックリンは、米メルクが開発した非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤(NNRTI)。
米国で1998年9月に承認され、抗HIV薬で標準的な薬となっている。
日本でも1999年9月に「ストックリンカプセル200」が発売。

この度の「ストックリン錠600mg」は、「ストックリンカプセル200」が1日3カプセルの服用に対し、1日1回1錠だけの服用となる。
これにより、患者の服薬時の負担が軽減され、服薬アドヒアランスの向上が期待。
食事の有無にかかわらず投与できる。
投与の際は必ず他の抗HIV薬と併用。

平成20年6月25日付「プレス・リリース」から

▲このページ [ 【HIV】抗HIV薬「ストックリン」、600mg錠が発売。 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る