トップページ > HIV医療福祉 > HIV治療(HIV治療薬・HIV医療)
【HIV】タカラBIOがストップ高比例配分
エイズ遺伝子治療の研究成果発表が刺激に

タカラバイオ <4974> が5万円ストップ高の42万6000円で比例配分された。

23日にRNA分解酵素を用いたエイズ遺伝子治療に関する研究成果を発表。
なかで、RNA分解酵素がエイズウイルスの感染によって発現できるT細胞がエイズの治療効果を示すことが明らかになったとし、刺激材料となった。

原典:タカラBIOがストップ高比例配分、エイズ遺伝子治療の研究成果発表が刺激に

平成19年4月24日「株式新聞」より

▲このページ [ 【HIV】タカラBIOがストップ高比例配分
エイズ遺伝子治療の研究成果発表が刺激に ] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る