トップページ > HIV医療福祉 > HIV治療(HIV治療薬・HIV医療)
カレトラ配合剤二報 カレトラ配合剤、1日1回投与の承認取得  アボット

【HIV】
≪カレトラ配合剤、1日1回投与の承認取得 アボット≫
 
アボット ジャパンは12月10日、抗HIV薬「カレトラ配合剤」(一般名=ロピナビル・リトナビル
配合剤)について、HIV感染症の成人患者に対する1日1回投与の用法で承認を取得したと発表した。
これまでは1日2回投与だったが、投与回数が減ることで、患者の利便性向上が期待される。

承認された新用法は、1日1回投与を選択する方が、アドヒアランス(治療方針の決定に患者
が積極的に参加し、その方針に従って治療を受けること)の維持または向上を期待できるケー
スを対象とする。

また薬剤耐性検査で、ロピナビル由来の耐性変異数が2以下の場合に限られる。
エファビレンツやネビラピンなどと併用する場合は、1日1回の投与はできない。

(平成22年12月14日付 「日刊薬業」より)

▲このページ [ カレトラ配合剤二報 カレトラ配合剤、1日1回投与の承認取得  アボット ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る