トップページ > HIV医療福祉 > 医療機関 ACC 拠点病院
国立国際医療センター「特定機能病院」の承認申請へ

国立国際医療センター(東京都、900床、平均在院日数15.4日、紹介率48.6%)は、特定機能病院の申請を行う方針を固めた。
近く、厚生労働省と承認申請書の提出に向けて協議に入る。

同医療センターの近藤達也委員長は『ナショナルセンターとしては国際協力、研修医教育、高度医療の開発研究・評価、高度医療の提供で実績を集積してきた。
特定機能病院への承認申請は、長年の懸案だった。
なるべく早く申請手続きを完了させたい』としている。

順調に進めば、国立国際医療センターは、昨春の大阪府立成人病センターに続く新規承認申請施設になる。

平成19年1月19日付「日刊薬業」より

▲このページ [ 国立国際医療センター「特定機能病院」の承認申請へ ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る