トップページ > 血友病 > JCPH
医療や社会参加の問題に取り組むために
血友病とともに生きる人のための委員会では委員を募集しています!

世界血友病連盟(WFH)に正式加盟します

血友病患者が、血友病という疾患を抱えつつ、自分らしく医療、社会に向かいあっていくことを目的として設立された「血友病とともに生きる人のための委員会(JCPH)」は、このたび、世界血友病連盟(WFH)にNMO(National Member Organization:日本を代表する組織)として正式に加盟します。あわせて、血友病患者のみなさまに委員として参加していただき、一緒に医療の問題、社会参加の問題など取り組んでいきたいと考えています。

委員として血友病の問題を積極的に考えていきましょう!

JCPHでは、患者のみなさんに積極的に血友病の問題を考えていただき、主体的に参加するため、あえて患者のみなさんに「委員」としてこの委員会に参加していただきます。また、患者本人の参加が重要と考え、委員になるのは患者本人のみとなっています。

薬害エイズのような悲惨な悲劇が再び起こらないように

薬害エイズの原点は、血友病医療の問題でした。はばたきの活動などを通して、HIV医療、医療との関係は改善されてきましたが、血友病医療の問題は未解決のままとなってしまっています。HIVでの私たちの経験を踏まえて、再び薬害エイズのような悲惨な事件が起こることのないように、患者自身が医療に積極的に取り組み、社会参加を進めていきます。

詳細はJCPHのホームページをご覧ください。
URL:http://www.j-hemo.com/

▲このページ [ 医療や社会参加の問題に取り組むために
血友病とともに生きる人のための委員会では委員を募集しています! ] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る