トップページ > 血友病 > JCPH
JCPH設立総会&シンポジウムのご案内
参加しよう Gobal Haemophilia Network

設立総会&シンポジウムの詳細が決まりました!

ホームページですでにお知らせしておりましたが、JCPHの設立総会と記念シンポジウムの詳細が決まりましたので、お知らせいたします。

JCPHは2006年のWFHバンクーバー大会で、WFH(世界血友病連盟)に正式加盟します。
それに先立ちまして、JCPHの趣旨に賛同していただける、血友病患者本人の委員を募集し、1月21日に設立総会を開催します。

そこで、同日にJCPHのNMO(National Member Organization)としての再出発を記念してシンポジウムを開催します。
このシンポジウムにはWFHからBruce Evatt博士、Brian O'mahony前会長が参加され、記念講演をされます。
WFHに加入し、国際的な視野を持った活動を行っていくJCPHとして、今回のシンポジウムには、韓国の血友病患者の方をお招きし、アジア、あるいは世界の中で日本が果たしていかなければならない役割についてなどをディスカッションしていきます。

みなさまの多数のご参加をお待ちしております。
 

●日 時 2006年1月21日(土) 11:00~15:45
●会 場 全国社会福祉協議会 灘尾ホール
●対 象 設立総会は患者委員(会員)の方に限ります。記念シンポジウムは、一般の方も参加いただけます。
●プログラム

11:00?12:00

JCPH設立総会
  ※参加対象は患者委員(会員)のみとなります

12:45?15:45 記念シンポジウム
  ※一般の方も参加いただけます
・記念講演
  「血友病の歴史を振り返って」(仮)
 ブルース・エバット(WFH専門家理事、元CDC血液学者)
 「アジアの現状と日本への期待」(仮)
 ブライアン・オマホーニー(WFHアジア担当理事、前WFH会長)
・パネルディスカッション「~アジアの仲間とともに~」
  ※韓国の患者さんが参加する予定です 
●参加費 無料
●主催/お問い合わせ 血友病とともに生きる人のための委員会

▲このページ [ JCPH設立総会&シンポジウムのご案内
参加しよう Gobal Haemophilia Network ] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る