トップページ > 血友病 > インヒビター
【血友病/血友病インヒビター】
「インヒビターを有した血友病患者の、rFⅦaによる予防投与について」
(財)血液製剤調査機構 血液凝固因子製剤委員会
血液凝固因子製剤 文献情報NO.50 平成20年9月 #993 要旨から

【#993 要旨】
遺伝子組み換え活性型第Ⅶ因子製剤(rFⅦa)は、インヒビターを有した血友病患者の止血剤として用いられている。
最近では、rFⅦa 90~120μg/kgの1回静注を2~3時間毎に複数回投与する必要がある。
しかし、家庭内での関節内出血に対して高用量を1回投与する方法は、効果、安定性の面で、少用量複数回投与と同程度であることが示されている。
そのため、インヒビターを有した血友病症例の出血に対して270μg/kgの1回投与を行う方法がEuropean Medicines Agency (EMEA)で許可されている。

この高用量1回投与方法は、小児患者における速いクリアランスの問題も解決し、静脈ルート確保の困難な患者にとっても恩恵となるであろう。
インヒビターを有した血友病患者に対するrFⅦaの至適用量については更に検討が必要と考えられる。

もどる  |  すすむ →

▲このページ [ 【血友病/血友病インヒビター】
「インヒビターを有した血友病患者の、rFⅦaによる予防投与について」
(財)血液製剤調査機構 血液凝固因子製剤委員会
血液凝固因子製剤 文献情報NO.50 平成20年9月 #993 要旨から ] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る