トップページ > 血友病 > インヒビター
【血友病&インヒビター】“調査対象366症例で、インヒビター発症87症例(24%)。
早い時期からの予防治療は、インヒビターの発症を抑制か”

タイトル:Treatment-related risk factors of inhibitor development in previously untreated patients with hemophilia A:the CANAL cohort study.
著者名:Gouw SC, van der Bom JG, Marijke van den Berg H.
雑誌名:Blood 109:4684-4654,2007

要旨:
CANAL研究(Concerted Action on Neutralizing Antibodies in severe hemophilia A)は、初回治療の重症血友病A患者における治療方法とインヒビター発症との関連を検討するものである。

この多施設後方視的研究は、1990年から2000年までに生まれた366症例を対象としている。

その結果、87症例(24%)においてインヒビターを発症し、その内69症例(19%)は高力価であった。

インヒビターの発症率は初回治療時の年齢と関連しており、生後1ヶ月以内に治療が開始された場合の発症例が41%であったのに対して、18ヶ月以降に治療された場合は18%であった。

しかし、治療強度を適合させてみたところ、この関連はほとんど消失した。

また、治療開始時期における手術歴や治療強度は、インヒビターの発症を増加させた。

一方、予防治療例においては、出血時治療例と比較して、インヒビター発症を60%低下させた。

以上、今までに指摘されてきたような初回治療時期が早いとインヒビター発症が高率になるという報告は、大部分は、早い時期に強力な治療があったかどうかに依存しているものと考えられた。

また、早い時期の予防治療は、インヒビターの発症を抑制するものと考えられた。

[「血液凝固因子製剤文献情報N0.46」平成19年9月(財団法人血液製剤調査機構血液凝固因子製剤委員会)]から

※ 治療薬による10-20%のインヒビター発症率から、インヒビター発症者の困難な治療と生活に対する健康被害に医薬品副作用救済基金適応を実施し、添付書にインヒビター発症などの警告等をしっかり載せる必要がある。

▲このページ [ 【血友病&インヒビター】“調査対象366症例で、インヒビター発症87症例(24%)。
早い時期からの予防治療は、インヒビターの発症を抑制か” ] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る