トップページ > 血友病 > 重複感染(HIV/HCV・HIV/HBV)
【ガイドライン】HIV・HCV重複感染症診療ガイドライン、Heartec.2008 発行

北海道大学病院のHIV・HCV重複感染症診療委員会(委員長:小池隆夫第二内科教授)では、HIV・HCV重複感染症に対する最新・最適な治療法について検討をおこない、ここで検討された内容に基づいてガイドラインを発行しています。

平成16年4月に第1版が発行された本ガイドラインは、改訂を重ねてこのたび第3版となりました。
本ガイドラインに沿った治療によりHCVを排除できた症例が少ないながらも出てきているとのことです。

また、患者向けにも、イラストや図をたくさん盛り込んだ「Heartec.2008」という冊子も発行しています。

いずれもはばたき福祉事業団に在庫がありますので、ご希望の方はお問い合わせください。


HIV・HCV重複感染症診療ガイドライン


Heartec.2008

▲このページ [ 【ガイドライン】HIV・HCV重複感染症診療ガイドライン、Heartec.2008 発行 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る