トップページ > 血友病 > 血友病TOPICS
血友病患者のためのシンポジウム「患者の視点に立ったインフォームドコンセント」
開催日:2004年11月20日(土) 13:45~17:00
会場:大阪市・新梅田研修センター
患者の自立と患者が主体となって医療に参加する「患者参加型医療」の実現を目指して
たち日本の血友病患者は、患者の自立と患者が主体となって医療に参加する 「患者参加型医療」の実現を目指して、血友病とともに生きる人のための委員会~Japan Committee for People with Haemophilia~を結成しました。
患者が治療に ついて的確に判断するには、主治医とのコミュニケーションを欠かすことはできません。 自己にとって最善の選択をするには、医師からの説明を十分理解して、納得し て治療を受けることが前提になってきます。現在医療において、インフォームド・コン セントは重要視される概念ですが、その内容は確立していると言えるでしょうか。

診療、治療にあたって、医師は患者にどのような情報を提供すればよいのか、単に選 択肢を与えるだけでなく、患者が内容を理解したうえ、納得して自己決定をするには、 医師側の説明にどのような要素が求められるのか、今回のシンポジウムでは、血友 病医、血友病患者、医療倫理の研究者らのシンポジストを内外からお招きして考えていきたいと思います。
タイムスケジュール
13:45 主催者挨拶
14:00
第1部
インフォームドコンセントについての発言
発言者
西村由美子 先生
ヴォルフガング・シェラム 先生
キャサリン・マンノ 先生
三間屋純一 先生
仁科豊 先生
15:20 休憩
15:30
第2部
オープンディスカッション
進行役 花井十伍
パネリスト
西村由美子先生
ヴォルフガング・シェラム 先生
キャサリン・マンノ 先生
三間屋純一 先生
仁科豊 先生
ゲストコメンテーター 
米本昌平 先生

◆新梅田研修センターのご案内◆
住所:大阪市福島区福島6-22-21
電話::06-4796-3371
※JR大阪駅中央北口より徒歩6分
中央北口前の道路を西へ進み、「梅田ランプ西」 交差点を越えて右(北へ)
その他の最寄電車
・阪神電車梅田駅・・・・・・・・・・・徒歩6分
・阪急電車梅田駅・・・・・・・・・・・徒歩6分
・地下鉄御堂筋線梅枝駅・・・・・徒歩6分
・地下鉄四つ橋線西梅田駅・・・徒歩6分
・地下鉄谷町線東梅田駅・・・・・徒歩8分
・JR東西線北新地駅・・・・・・・・徒歩8分

主催:血友病とともに生きる人のための委員会(JCPH)
協賛:日本血栓止血学会・PPTA(血漿蛋白製剤協会)・社団法人日本血液製剤協会
後援:厚生労働省・はばたき福祉事業団・ネットワーク医療と人権

※お問い合わせは・・・
ネットワーク医療と人権:
大阪市北区西天満6-2-14マッセ梅田ビル2号館805号
tel:06-6364-7677/fax:06-6364-8099

▲このページ [ 血友病患者のためのシンポジウム「患者の視点に立ったインフォームドコンセント」 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る